私は、『医療』『高齢者・障がい者福祉』の  

現場でスタッフの一人として働いてまいりました。

 

 その間、汗を流し、涙を拭った経験から

今、草津市の未来に向かって、必要なことが見えてきました。   

       

誰もが、『このまちに住み続けたい』と言える

草津市をつくりたいと考えています。

 

政 策

🔲 み続けたいまち 住み続けられるまち

❖『くさつ』の実情にあった医療・介護・福祉サービスの充実・連携

❖保育施設の充実・機能強化を図り、地域で子育て世代をバックアップ

❖未来をつくる子どもたちへの教育の充実

❖市民・地域・行政の役割分担と連携・協力で、

      みんなで支え合える福祉を基軸とした地域づくり

❖中小企業を応援し、産業振興と雇用の創出

 

 

🔲 将来に責任を持った徹底した行財政改革

❖馴れ合いを断ち切り しがらみのない市政の運営

❖徹底的に市民目線による行財政運営

❖市有財産の有効活用による税外収入の確保

❖民間感覚を持った行政サービスの提供、指定管理者制度の積極的導入

❖税の公平な配分